個人的タイムゾーン(まやかし

「個人的タイムゾーン(まやかし)」

寝坊をすると予定が後ろに詰まってしまいます。
そうすると、気持ちに余裕がなくなってしまい、結果、焦って仕事に集中出来なくなってしまいます。

私はタイムマネジメントをこじらせて、時間貧乏性になってしまったようです。

さらに、遅れたまま仕事しているくせに、夕方になれば、ちょいとそこまで出掛けたくなってしまいます。
そっちの習慣もしっかり実行しようとするんです。でも、これをそこまで悪いこととは思いません。

出掛けずに仕事が終わるまでやればいい、と思うかもしれませんが、私の様な仕事では習慣の継続こそが重要なのです。(ちなみに、「仕事が終わる」というのは自分の計画上のノルマを差していて、納期に遅れてるとかそういうのを放って置くというのではありません。)

集中力タイムをいかに定期的に作れるかどうかが重要です。
一週間に28時間を集中タイム、14時間を準集中タイム、14時間を非集中タイムとして考えているんですが、この28時間がなかなかしっかり作れない場合が多いのです。

集中できない時に、どれだけ長時間パソコンに向かっていても、生産性は上がるどころか、下がる一方です。
ク○コードを量産してしまうだけです。

時々に徹夜で仕事をしないといけない時があります。
でも、これは自分の集中時間をちゃんとコントロール出来ていれば、徹夜なんかせずとも済みます。
それなりに余裕のスケジュールを組んでいたものの遅れた分を徹夜で埋め合わせているだけに過ぎません。

ここ数年、徹夜をすると、朝方に胸がうっと詰まるし、限界を迎えていざ寝ようとしても、寝る体力も無くなって寝ることも出来なくなりがちなので、正直このままやっていけません。

かといって、毎日同じ周期、タイミングで淡々と習慣を継続、実行出来るほどには、まだ達観出来ていません。
もしかすると、田舎に引っ越せば出来るのかもしれませんが、そうすると営業が出来なくなってしまいます。

うーん、これは、なにか解決策はないものか。
結局、自分が使う時間が物理的に減ってしまうことを防ぎ、気持ちに余裕を持って仕事に集中できれば良いわけです。

なので自分を騙すことにしました。

今日はしっかり寝坊したので、日本時間から4時間遅れのイスラマバード(GMT+5)時間で生活してます。

日本時間で午前6時に動き出せたら、当日の自分のタイムゾーンには日本時間(GMT+9)を採用します。

イスラマバードでは、まだ朝の10時半ですからね。
気分的に凄く余裕です。

馬鹿っぽいけど、時計の表示をそのタイムゾーンにしておけば、ほんとにその時間と思えてきます。
人間の脳って単純だなと思います。あくまでも自分の仕事時間です。

ちなみに、日本時間も把握してますから、アポとかは間違えません。