メッセージ

お仕事内容は

「Webサービスの開発」
「ホームページ、ECサイトの制作」
「Webベースの業務システム開発」

など、Web上のシステムや裏側で動くシステムなどを専門に開発しています。

東京ネット工務店です。

技術をサービスとして、価値として提供するのが仕事です。

どれだけ高度な技術があっても、
どれだけデザインのセンスがあっても、
考え無く、知識無く、ただ作るだけはいけません。

仕事を通してお客様の事業価値を高めることができたなら、
エンジニアとして、世の中の役に立てたと言えると思います。

良いシステムとは、良いホームページとは何でしょうか。
それは問題解決に役立つことです。

ホームページなら、「集客」「ユーザサポート」などが目的になるでしょう。

業務システムなら「ミスの撲滅」「作業の自動化」などが目的になるかもしれません。

実際の消費者とクライアントの利害関係や社内の課題、

管理会計、税務、労務、法務などの知識、

これらはシステムを作る上で
必要だと思います。

ホームページやシステムを作る目的はなんでしょうか。

それは、事業の価値向上であると私は思います。

システムを作って、手間が増えた、コストが増えたのでは本末転倒です。

多すぎる機能は、コストアップ、機会損失に繋がります。

また、システムは生物です。
世の中はもちろんのこと、インターネット上の常識も
刻一刻と変化しています。

ビジネスの状況をモニターしつつ、
実際の運用を経験を得つつ、
改善・追加して行くのが良いでしょう
と私は考えています。

私達のゴールは、

お客様との信頼関係の継続、
末永いお取引です。

お互いに高め合っていけるお客様と
お付き合いできること、

それが、私は嬉しいのです。

そのためには
本当に正しい仕事を追求することが
大切だと思います。

代表者 海老沢 敦のプロフィール

茨城県筑西市出身。

中学1年生のころより、アスキー創業社の西和彦氏が提唱したMSXパソコンでプログラミングに触れ、その後の会社員時代には、自分の仕事を簡単にするために、プログラミングを活用するようになる。

一時は音楽家を目指したものの挫折したあと、ビジネスに目覚める。

会社員時代に、「エバーグリーン」「上海問屋」
などのビジネスを立ち上げる。

「上海問屋」の成功経験から視点を変え、
Eコマースのサービスを販売する側へ29歳で転職。

(株)Eストアーにて、ショッピングカートを販売する
セールスマーケティング部門を率いる。

2007年(株)ダイアトニックを設立。

受託開発やマーケティングコンサルタント業と平行して、
若年層女性向け携帯電話向けEコマースをビッダーズで開業し、
モバイルコマース大賞家電カテゴリ賞を受賞。

2011年、iPhoneアプリ、
北斗の拳フリック奥義百裂拳で
AppStore有料アプリランキング1位獲得。

2015年、受託開発事業を
(株)東京ネット工務店として
スピンアウトした。